公開ワークショップ 「自身の関わる日本語教育プログラム像を描いてみよう 」 のご案内 [2017/02/06 11:28]

ちょっと変わったワークショップのご案内です。
京都の立命館大学での開催ですので、若干距離はありますが、皆様が関わって
いらっしゃる日本語教育の活動を新たな視点から捉える良い学びの機会になるはず
です。
参加費も無料ですので、ご興味がおありでしたら、ぜひご参加ください。

◆現在、大学や日本語学校、地域日本語教室などは、さまざまな
プログラム評価・事業評価にさらされていると言えます。

日々目の前の授業や活動で問題や困難にぶつかっているあなたのまなざしを、
「プログラム」という、より広い視点に向けてみませんか。
そして、それを「言語教育可視化テンプレート」をつかって、可視化=見える化して
みませんか。
そこから、あなたの「目の前の授業」や問題も違って見えて来るかもしれません。

日時:平成29年2月25日(土)午後1時~4時
会場:立命館大学衣笠キャンパス諒友館831号室
定員:30名
参加費:無料

※詳しくは、下記をご覧ください。

◎ プログラム研究会HP

http://www17408ui.sakura.ne.jp/tatsum/Pro_Ken/index.html

◎ 研究会ちらし

(画像をクリックすると大きくなります)

公開ワークショップのちらしです